スリムボディのためのプーアル茶なび

プーアル茶のダイエット効果まるわかりサイト

HOME » ダイエットの味方プーアル茶を徹底調査 » 熟茶と生茶の違い

熟茶と生茶の違い

ここでは、プーアルの熟茶と生茶の違いについてまとめてみました。

熟茶とは?

熟茶は、古墨にも例えられる独特の陳香(ツンシャン)とまろやかな味わいをもつプーアル茶の種類です。茶葉が発酵を続けるという特徴をもつプーアル茶は、一般的に熟成すればするほど美味しさが増し価値も高まっていくといわれています。

熟茶が作られるようになったのは1973年のこと。経年による風味の良さを、特定の状態で保存することにより、短期間で故意的に再現する方法として活用されるようになりました。

量産が可能なことから、市場に出回っているプーアル茶の多くが熟茶であることがわかります。

茶葉の色は茶褐色で、ベタつきのある状態でまとまっているのが特徴です。茶葉にお湯を注ぐ際、お湯の色がすぐに変化する様子でも見分けることができます。抽出後は、縮んだように小さくなります。

中でも15年以上の時を経た茶葉は「薬茶」とも呼ばれ、高価な熟茶として重宝されています。

生茶とは?

生茶はプーアル茶本来の特徴を活かし、長い歳月をかけ自然発酵により熟成させたプーアル茶の種類です。本来の価値を楽しむという意味では、一度は生茶を飲んでおきたいところ。

茶葉の色は白色や薄い茶色、烏龍茶のような濃い茶褐色など幅があります。全体的には熟茶よりも茶葉単体がハッキリしており、個々を見分けられる状態であるといえます。

お湯を注いでもすぐには濃くならず、1分前後で段々とお湯の色が変わり始めます。熟茶と比較すると、抽出後の色合いが淡く区別しやすいといえるでしょう。

抽出後の生茶は熟茶よりも弾力があり、一枚一枚の茶葉が伸びたような状態になります。茶葉の色合いも生茶のほうがやや淡い印象です。

上質な生茶は入手が難しく、中でもビンテージと呼ばれる生茶は高価でなかなかお目にかかることができません

最近では菌を使って無理に熟成した状態する類似品も出回っているようで、購入の際には注意が必要です。ビンテージに似せてはいますが、全くの別物。抽出後の茶葉が細かすぎないか、お茶の色合いが濃すぎないかなどをチェックしてみましょう。

ダイエットプーアール茶

ダイエットプーアール茶(ティーライフ)の画像定期購入:2,106円(税込)
最高品質と名高い「雲南大葉種」の手摘み茶葉を100%使用。スッキリとした味わいと、ダイエット成分の含有量の多さが特徴。

茶流痩々

茶流痩々の画像定期購入:2,916円(税込)
土づくりにまでこだわって栽培された、静岡県牧之原産の茶葉を使用。クセがなく、まろやかで飲みやすい。香りも良いと評判。

モリモリスリム

モリモリスリムの画像定期購入:3,024円(税込)
プーアル茶のほか、杜仲茶や桑の葉茶など、24種類の原料を使用。ほうじ茶のような味わいで、違和感なく飲める。

 
スリムボディのためのプーアル茶なび